神田

名物誕生のきっかけは無茶振り?! 夏目漱石ゆかりの神田淡路町の洋食屋「松栄亭」

みたら氏と2人、御茶ノ水で用事を済ませてさて帰ろうと思ったときに、グーとお腹が鳴った。

そういえば、今日は朝ごはんも食べていない。御茶ノ水の駅前にもいろいろお店はあるけれど、なんとなく気が向いて淡路町のほうへてくてくお散歩をする。

たしか、あっちのほうにお店がいくつかあったはず。久しぶりに「かんだやぶそば」に行こうか。知らないお店にふらりと入ってみるのもいいよね……。
なんておしゃべりしながら歩いていたら、「洋食」の文字が目に飛び込んできた。

「何か変わったものを作って」無茶振りから生まれた名物メニューは夏目漱石も愛した味

 

画像:みたら氏
みたら氏

なんだか良さそうな洋食屋さんがあるよ、わたしちゃん。まつ……いや、「しょうえいてい」って読むのかな。あれ、どこかで聞いたことのある名前だな……?

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

あのお店、何回か前を通って気になってたのよね。近くでメニュー見てみようか。


 

画像:みたら氏
みたら氏

「Since 1907」だって。かなりの老舗だね。横の紙は何だろう……?

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

雑誌の切り抜きかな? ……へぇ、ここ夏目漱石さんが来てた洋食屋さんなんだって!

画像:みたら氏
みたら氏

そうなんだ。何々……へぇ、ここの初代店主がもともと「フォン・ケーベル博士」っていう人の専属料理人で、博士の教え子だったのが漱石だったみたい。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

博士に「何か変わったものを作って」って言われて急場しのぎに作ったのが「洋風かきあげ」である、ですって。

画像:みたら氏
みたら氏

なかなかの無茶振りだね。
この間神保町の喫茶店で『こころ』を読んだばかりだし、何か縁を感じるな。入ってみようか。

ボリュームたっぷり! 神田淡路町の「松栄亭」でアジフライとロースカツをいただく


 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

ランチは5種類あるみたいね。あぁーーー、どれもおいしそうで迷うなぁ……。

画像:みたら氏
みたら氏

漱石さんが食べた「洋風かきあげ」はランチには入ってないね。単品メニューみたい。ランチでも注文できるらしいけど、どうする?

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そっか、漱石ゆかりのメニューも気になるな。うーーーーん、でも今日はアジフライに呼ばれてるような気がするのよね。

画像:みたら氏
みたら氏

そういうときあるよね。呼ばれちゃったら仕方ないね、アジフライが入ってるBランチにしようか。
チキンが終わってロースカツになるって店員さんが言ってたけど、それで大丈夫?

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

うん、大丈夫。


 

画像:みたら氏
みたら氏

おいしそう! アジフライ大きいね。お皿からはみ出してる。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

んんん〜〜、おいしい……! アジフライはかなり肉厚で食べ応えがある。ロースカツのほうは、すごくやわらかい。からしもつけてみようかしら。

画像:みたら氏
みたら氏

お、わたしちゃんもカツにはからしをつける派なんだね。たまにからしが置いてない洋食屋さんもあるけど、それだとちょっと物足りないんだよねぇ。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そうそう、からしがないと物足りないわよね。
この添えてあるポテトサラダもおいしい。洋食屋さんのポテサラって、特別な食材を使っているようには見えないのに不思議なくらいおいしいのよね。

画像:みたら氏
みたら氏

そういえば、最初にお店の名前を見たときに見覚えあるなって思ったんだけど、池波正太郎さんの『散歩のとき何か食べたくなって』っていう本にここのお店が出てたんだよね。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そうなんだ!

画像:みたら氏
みたら氏

「今度来たときはポテトサラダをおみやげに買って帰って、食パンにたっぷりはさんで食べたいな」って書いてあったよ。池波さんもポテサラが好きだったんだね、きっと。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

その食べ方いいわね。創業時からメニューはほとんど変わっていないらしいから、この味を食べていたんだろうな……。そう思うとなんだか不思議ね。

画像:みたら氏
みたら氏

そうだね。今度は洋風かきあげを食べにくるのもいいな。
さて、食べ終わったことだし、腹ごなしに少し散歩でもしようか。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そうね、行きましょ。

店舗情報

 

画像:みたら氏
みたら氏

【みたら氏の一言めも】こちらは全席禁煙です。

ABOUT ME
わたしちゃん
わたしちゃん
下町やレトロなものが大好きで、猫の「みたら氏」、犬の「きな子」たちと一緒に、日々おさんぽをしている。