【みたら氏の手土産帳】本所吾妻橋 ショコラティエ「川路」の「北斎チョコレート」

【みたら氏の手土産帳】本所吾妻橋 ショコラティエ「川路」の「北斎チョコレート」
画像:みたら氏
みたら氏

こんにちは! みたら氏です。
「みたら氏の手土産帳」は、僕が好きな手土産をご紹介するコーナーです。ジャンル問わず、僕が実際に食べておいしかったもの、あげて喜んでもらえたものを取り上げていきます。

本所吾妻橋 ショコラティエ「川路」の「北斎チョコレートセット」

さて、僕・みたら氏が送る手土産セレクション、第2回目はショコラティエ「川路」さんの「北斎チョコレートセット」です。

こちらは、墨田区・本所吾妻橋にあるお店で、浅草からも歩いて10分くらいで行けます。
浅草駅のすぐ近くに「吾妻橋」という赤い橋があるんですが、そこを渡って墨田区の方におさんぽに行ったときに偶然見つけたお店です。

「和ショコラ&北斎チョコ」という文字と美しい写真に目がとまり、思わず立ち止まりました。

浮世絵で有名な葛飾北斎は、実は墨田区の出身。90年の生涯をほとんど区内で過ごし、多くの作品を残したそうです。
すみだ北斎美術館」という、北斎専門の美術館もあるんですよ。


 

画像:みたら氏
みたら氏

では、入ってみましょう!

北斎の浮世絵が描かれた美しいチョコレートの数々にうっとり

店内に入ってすぐ、美しいチョコレートがずらりと並ぶショウケースに目が奪われました。

なんて美しい……と、しばしうっとり。

ショコラティエ「川路」の店主である川路さとみさんは、フランスでの2年間のチョコレート修行を経て日本でお店をオープン。
日本を離れ海外で修行をする中で日本の素晴らしい点に改めて気づき、日本人であることに誇りを持てた……という経験から、日本人だからこそ作れる「和ショコラ」を作ったそうです。

レジのところに北斎についての説明パネルがありました。北斎は江戸時代には美人画のほうが有名だったそう。きものデザイナーとして活躍していたのも知りませんでした!

「北斎チョコレート」は、4つで1,620円(税込)。1つ400円かぁ、なんて計算してしまうのは野暮ってもんでしょうか? 自分用のおやつとして気軽に買うにはちょっとお高いですが、手土産には良さそうです。

ということで、「手土産帳で紹介しよう」という言い訳のもと、購入してきました!

「北斎チョコレート」実食! 濃密な和ショコラを堪能

北斎の有名な浮世絵「神奈川沖浪裏」のシールが素敵ですね。
では、開けてみます……!

う、美しい……! シールにも使われていた「神奈川沖浪裏」と「赤富士」、そして吉祥文様が描かれているチョコレートが2つ、合計4つ入っています。

  • 【左上】神奈川沖浪裏:希少なホワイトカカオを使用したビター70%のショコラ
  • 【右上】源氏香と若松文様:高知産の柚子を煮詰めたコンフィと墨田区限定の日本酒のガナッシュ2層のショコラ
  • 【右下】赤富士:エクアドル産のローチョコレート70%を使用したビターなショコラ
  • 【左下】桜割文様:きな粉と黒蜜をミルクチョコレートで合わせたショコラ

ちなみに、「源氏香と若松」は新春祝いや出産祝い、「桜割文様」は新しい門出……というように、吉祥文様にはそれぞれ縁起の良い意味が込められています。「北斎チョコレート」に入っているのはこの2種類ですが、ほかにも文様があしらわれたチョコレートがたくさんありますので、贈る相手によって文様をチョイスして、オリジナルの詰め合わせを作るのも良いかもしれませんね。

サイズ感はこちら(手の出演協力:わたしちゃん)。 3cmくらいです。

 

画像:みたら氏
みたら氏

ではでは、食べてみます。わくわく……!

半分かじって舌の上で転がすと、チョコレートの豊かな香りが口の中に広がります。ふぅ、と鼻から息を吐くと鼻にまで香りが抜けて、顔全体でチョコレートを味わっているような感覚に。

若松は柚子と日本酒、桜はきな粉と黒蜜が入っていますが、それらが全面に押し出されているというよりは、芳醇なチョコレートを味わっているとその奥から品良く香ってくる、という感じです。

小さなチョコレートの中に含まれる味や香りの要素は繊細かつ複雑で、きっと少しでもバランスが変わったら味も違ってしまうんだろうな、と。コンビニの安いチョコレートに慣れてしまっていると「チョコレート1つで400円は高い!」と思ってしまうけれど、食べてみると納得します。同じ「チョコレート」って名前だけど全然違う。

美しくておいしくて縁起も良い、手土産にぴったりなショコラティエ「川路」 さんの「北斎チョコレート」。ぜひ1度味わってみてください。

本所吾妻橋 ショコラティエ「川路」 店舗情報

ショコラティエ川路

ショコラティエ「川路」 公式サイト
https://chocolatier-kawaji.com/

オンラインショップ
https://okashi-mania-shop.com/

※参考ページ
墨田区Webサイト
https://www.city.sumida.lg.jp/bunka_kanko/katusika_hokusai/

浅草カテゴリの最新記事