【寄稿】「カフェー=エロ」の時代があった?!純喫茶の歴史を深堀りしたら「不純なカフェー」に辿り着いた(和樂web)

てくてくレトロ編集長・中村が、日本文化の入り口メディア『和樂web』にて、純喫茶の歴史に関する記事を執筆しました。

明治に創業した日本最古の喫茶店「可否茶館」、銀座で初めて「カフェー」を店名につけた「カフェープランタン」、日本に今もある最古のカフェ「カフェーパウリスタ」などなど……

明治〜昭和初期までの、日本の喫茶店/カフェー文化をまるっとご紹介しています。

「カフェー」と書かれた看板を見て、「オッ、ここはどんなエロいサービスをしてくれるのかな?」と、男性が鼻の下を伸ばして入店する……。かつて日本にそんな時代があったのを知っていますか?

純喫茶めぐりが趣味の私は、いつものように純喫茶でぼんやりしていた時、「そういえば、純喫茶の『純』って何だろう?」と疑問を感じました。

気になって調べていくうちに見えてきたのは、かつての日本に存在した「不純なカフェー」の存在。
「純喫茶」が日本に生まれた経緯を、喫茶店の歴史とともに紹介します。

全文はこちらから。

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰、明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや取材記事の執筆。