【寄稿】富士山・箱根に吉原遊郭まで見えた⁉︎日本一高かった「浅草十二階」波乱万丈の歴史に迫る(和樂web)

てくてくレトロ編集長・中村が、日本文化の入り口メディア『和樂web』に記事を寄稿しました。

今回取り上げたのは、明治に浅草に建てられた高層建築、凌雲閣(通称「十二階」)。

当時の観光名所として華やかな面が取り上げられがちな凌雲閣ですが、客足が遠のいてからは徐々に闇部分が垣間見えるように……。

さて、問題です。
現在、日本一高い建造物は「東京スカイツリー(634メートル)」ですが、明治時代の日本で最も高かった建造物は?

答えは…………。

1890(明治23)年11月に浅草の地に建てられた「凌雲閣(りょううんかく、通称:十二階)」です。

その高さは、約52メートル(※67メートルの説もあり、詳細は後ほど)。東京スカイツリーと比べるとかなり低く感じてしまいますが、明治時代には50メートルを超える建築物は珍しく、街並みや山々を一望できるその眺めは評判を呼び、開業当初は多くの客が足を運びました。

また「日本初の電動式エレベーター設置」「日本初の美人コンテスト開催」など、多くの話題で人々の注目を集めます。

しかし、明治後期には徐々に客足が遠のき、凌雲閣は廃れていきました。

地震に身投げ、無許可営業の娼婦が集うエリア「十二階下」の誕生……。
明治時代の観光名所として後世にまで名を残す凌雲閣ですが、決して華やかな面ばかりではありませんでした。

開業から爆破解体されるまでの33年間の、凌雲閣の歴史をご紹介します。

※「凌雲閣」は同名の建物が当時2つあり、1889(明治22)年に大阪に、1890(明治23)年に浅草に建てられました。本稿では浅草の凌雲閣について解説します。

記事全文はこちら↓

※本記事のアイキャッチ画像:「浅草公園陵雲閣乃眺望」(都立中央図書館所蔵)を加工し部分使用。

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰、明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや取材記事の執筆。