まるでヨーロッパのお城? 上野「王城」で絶品珈琲・ツナトーストを堪能

まるでヨーロッパのお城? 上野「王城」で絶品珈琲・ツナトーストを堪能

居酒屋が立ち並ぶ通りの中にある純喫茶「王城」。

まわりの雑多さとは対照的な、落ち着いた雰囲気。

レトロなシャンデリアの下で、丁寧に淹れられた珈琲をゆっくり楽しむことができるお店です。

雑多な通りに突如現れる、レンガづくりのおしゃれな純喫茶

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

この通りは居酒屋ばっかりのイメージだったけど、ほんとにこの辺りに喫茶店なんてあるの……?

画像:みたら氏
みたら氏

あ、あそこじゃない? ほら、あのレンガの建物。

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そういえば、この間行った「ギャラン」の建物もレンガだったわよね。

画像:みたら氏
みたら氏

たしか「ギャラン」も「王城」も、創業は1970年代だったよね。そのころのはやりなのかな。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そうかもね。入ってみようか。

優雅な雰囲気の中で、絶品ツナトーストをいただく

 

画像:みたら氏
みたら氏

素敵な雰囲気だね。シャンデリアも、派手すぎなくていい。

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そうね。椅子もおしゃれ。これ、何柄って言うのかしら……?

画像:みたら氏
みたら氏

柄というか……「ゴブラン織」かな。
「ゴブラン織」は、もともとは、ルイ14世以来、王室向けに織物を生産していたフランスの工場「ゴブラン工場」で織らていたのが、その名の由来らしいよ。
まぁ、本当にその工場で作られたものではないと思うから……正確に言うと、「ゴブラン織りっぽい柄の椅子」ってところかな。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

へぇ〜。たしかに、フランスの貴族っぽい華やかな雰囲気はあるわね。店名も「王城」だし、ヨーロッパのお城をイメージしてるのかな。

画像:みたら氏
みたら氏

ま、そんな話は置いておいて。おなかすいたね。ツナトースト食べない?

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

いいわね、珈琲も一緒に頼みましょ。

 

画像:みたら氏
みたら氏

銀製のミルクピッチャーとお砂糖の容れ物、綺麗だなぁ。珈琲カップ、ちゃんと温めてある。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

珈琲は店員さんがあとから来て、淹れたてを注いでくれるみたいね。

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

大理石のテーブルに珈琲が映えるわね……はぁ〜この雰囲気好きだなぁ(うっとり)。珈琲も美味しい。

画像:みたら氏
みたら氏

ツナトーストもきたよ。

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

けっこうボリュームあるわね。こんがり焼かれたパンにバターがたっぷり染みてて美味しい!

画像:みたら氏
みたら氏

具があふれてるから、最初に具をフォークでぐいっと押し込むと食べやすくなるね。キュウリのパリパリ感がアクセントになってていいね。

レトロな雰囲気たっぷりの純喫茶で美味しい珈琲とツナトーストをいただくのは、至福のひとときでした。

途中、隣の席に座ったお客さんが、「持ち帰りでこれを」と何かを頼んでいました。ご近所さんなのかな。どのメニューだろう……ツナトーストは崩れちゃいそうだから、たまごサンドかな? 持ち帰って家族で食べるのかなぁ……。
なんてぼんやり考えていたら、しばらくして持ち帰り用の包みが運ばれてきて、お客さんはお店を出ていきました。

遠くからも、わざわざこちらのお店目掛けてやってくるような有名な場所ではあるけど、地元の人からしたら「近所の美味しい喫茶店」なんだろうな。
そう思ったら、なんだか無性にうらやましくなりました。

店舗情報

画像:みたら氏
みたら氏

【みたら氏の一言めも】全席喫煙可ですので、タバコが苦手な方はご注意くださいね。

 

王城

※参考URL
ウィキペディア|ゴブラン織

上野カテゴリの最新記事