淡路町の純喫茶「ショパン」でアンプレスをほおばる秋の夜長

淡路町の純喫茶「ショパン」でアンプレスをほおばる秋の夜長

打ち合わせからの帰り道。ビルの外に出たとき、ひんやりとした空気と薄暗い空に、少し戸惑った。

時計を見ると、夕方5時。夏の間はまだ明るい時間帯だけど、最近はもうこのくらいになると、日が落ちてしまう。

ひゅう、と冷たい風が吹き抜けていく。バッグからストールを取り出して体に巻きつけ、てくてくと歩き出す。

春から夏になる時とくらべて、夏から秋への変化はすごく急に感じる。その速さに、いつも戸惑う。なんだか置いていかれたような気がして、しみしみとさみしい気持ちになってしまうのだ。

……と、そんなことを考えていたら、ぐぅとお腹が鳴った。そういえば今日はお昼を食べそびれたから、おなかがペコペコ。

ふと遠くを見やると、黄色い文字が光る看板が目に入った。見覚えのある店名に導かれるように、ふらふらと近づいていった。

創業80年。淡路町の純喫茶「ショパン」

淡路町ショパン・看板

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

「ショパン」だわ。向かいの「かんだやぶそば」には来たことがあるけど、ここはそういえば入ったことがなかった。

画像:みたら氏
みたら氏

僕も入ったことないな。わたしちゃん、お腹空いてるんでしょ? 何か食べてこうよ。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

どうしようかな……そういえばみたら氏は何してたの? 用事があってこの辺りにいたって言ってたけど。

画像:みたら氏
みたら氏

欲しい本があってね、御茶ノ水の『丸善』に行ってたんだ。もう用事は済んだから、大丈夫。けっこう歩きまわったから、僕も少し休みたいし。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

ほんと? じゃあ、お茶していきましょうか。

淡路町ショパン入口正面

淡路町「ショパン」で、あんこ×バターが絶品な「アンプレス」を

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

赤いベロアのシートが素敵な椅子ね。純喫茶の椅子やソファって、赤いものが多いわよね。昔のはやりだったのかしら。

画像:みたら氏
みたら氏

そうかもね。「ショパン」さんは、1933年創業みたいだよ。創業80年以上……かなりの老舗だね。味わいがあって、素敵な雰囲気だなぁ。

 

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

ここ、あんこを挟んだトースト「アンプレス」が有名なのよね。一度食べてみたいと思ってたから、頼んでみようっと!

 

画像:みたら氏
みたら氏

美味しそうだね! こんがりとプレスされたトーストに、つぶあんがみっしりと詰まってる。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

いただきます!
……(モグ)……美味しい……! トーストにしみわたったバターの塩味と、つぶあんの優しい甘みが相性ぴったりね。
一口ほおばると、甘さと程よいしょっぱさが口の中でふわっと広がって、お互いを引き立てながら混ざり合っていく……たまらない美味しさだわ!

画像:みたら氏
みたら氏

(ゴクリ)あの、わたしちゃん……空腹のところ本当に申し訳ないんだけど、一口もらってもいいかな……?

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

もちろん! 一口と言わず、一切れそのままどうぞ。

画像:みたら氏
みたら氏

ありがとう!

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

……あぁ、美味しかった。なんだか心まで満たされたわ。
夏から秋になるときって、急に寒くなるし、日が落ちるのも早くなるじゃない。なんとなく、切なくなるのよね。

画像:みたら氏
みたら氏

わかるよ。寒いとそれだけで、もの寂しい気持ちになるしね。そこに空腹が加わると、なおさらだよ。

わけもなく寂しい、切ない……なんてときには、美味しいものを食べてゆっくりするに限るね。

画像:わたしちゃん
わたしちゃん

そうね! さて、そろそろ帰りましょうか。

淡路町「ショパン」店舗情報

 

画像:みたら氏
みたら氏

【みたら氏の一言めも】
こちらは全席喫煙可です。たばこが苦手な方はご注意を。

ショパン

神田カテゴリの最新記事