浅草「舟和 本店」のレトロモダンな喫茶室で食べる、懐かしの芋ようかん

浅草駅を出て新仲見世通りを3分ほど歩いたところにある「舟和 本店」。

「舟和」の芋ようかんは、小さい頃の定番おやつのひとつ。さつま芋の自然な甘みとしっとりとした食感が大好きで、よく買いに行っていました。
喫茶室に入ったことはなかったのですが、今回初めて足を踏み入れてみました。

昭和35年創業の老舗和菓子屋|浅草「舟和 本店」喫茶室

浅草の舟和は、明治35年創業の老舗の和菓子屋さんです。本店は1階が販売スペース、2〜3階が喫茶室になっています。

ほかに販売のみの店舗が仲見世に2件あり、喫茶のみの「ふなわかふぇ」は、浅草をはじめ自由が丘と高田馬場にも店舗を構えています。

新仲見世通りの舟和本店は、2017年に改装をしていて、その際に喫茶室もリニューアルしたようです。

壁のカラフルなうろこっぽい模様がかわいい……!
持ち帰り用の芋ようかんも欲しかったのですが、先にお茶をしてから1階で買い物をしようと思い、まずは2階へ!

きらびやかな印象の店内|浅草「舟和 本店」喫茶室

舟和の喫茶室の店内は、きらびやかでゴージャスな雰囲気。
2017年リニューアルオープンなので新しくはあるのですが、どことなくレトロな印象も受けます。

窓の装飾や天井の照明など、細かいところも素敵で思わずきょろきょろしてしまいます。

この照明、かわいい……。光の具合で虹色に光るのがシャボン玉のようで、すごく綺麗です!

テーブル席が中心でしたが、1人用のカウンター席もあります。
目の前が薬局なので残念ながらそこまで眺めが良い訳ではありませんが、テーブル席があるエリアからは少し離れた奥まった場所にあるので、1人でのんびりお茶したいときには良さそうな席です。

舟和名物・芋ようかんを堪能できる|浅草「舟和 本店」喫茶室

舟和本店の喫茶室では、舟和の和菓子をコーヒーや抹茶とともに堪能できます。

(この日は食事の後に友人と行ったのですが、私はコーヒーのみでこちらは友人が頼んだものです)

持ち帰り用の芋ようかんに付いているリーフレットに「焼いてもおいしい」と書いてあるのですが、家で食べるときはそのまま食べることが多いので、焼いてあるのは新鮮な印象。抹茶にもなか、アイスクリームも付いていてなんとも豪華!

舟和公式サイトにも、焼き芋ようかんの作り方が紹介されていて、アイスやバターのほか、シナモンを加えてもいい、との情報が。

芋ようかん自体がシンプルなのでいろいろなアレンジがききそうです。そのままでももちろんおいしいけど、自分なりのアイデアレシピを考えるのも楽しそうだなぁ。

場所柄、週末にはかなり混雑します。並ぶ可能性もありますのでご注意を。
といっても、このあたりのお店はどこに行っても同じ状況なので、舟和に限らず、ですが……。

「並ぶ時間がないけど芋ようかんを食べたい!」という方は、1階の売店でお買い物をぜひ!
持ち帰りをした時のレポート記事も、あわせてご覧ください。

【お取り寄せ・手土産】浅草「舟和」の芋ようかん・あんこ玉(日持ち/賞味期限/冷凍できる?など)

【店舗情報】アクセス、禁煙/喫煙|浅草「舟和本店」

※浅草「舟和本店」の喫茶室は【全面禁煙】です。

公式サイト

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰、明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや取材記事の執筆。