浅草の喫茶店「珈琲天国」のホットケーキ+コーヒーで煩悩から解き放たれる時間を

かつて東京随一の繁華街だった浅草の中でも、娯楽施設や映画館が軒を連ね、大きな賑わいを見せた「浅草六区」は、現在も多くの観光客が足を運ぶ場所。

その一角に、こぢんまりと店を構えている喫茶店「珈琲天国」。
レトロな佇まいが歴史を感じさせるものの、実はオープンしたのは平成に入ってから。

そんな「珈琲天国」で、にこやかな店主に癒されながら、コーヒーをいただいてきました。

平成創業のレトロな喫茶店|浅草「珈琲天国」

浅草の「珈琲天国」は、通称「浅草六区」と呼ばれるエリアにある喫茶店です。
つくばエクスプレスの浅草駅からは2〜3分ほど、地下鉄銀座線/浅草線の浅草駅からも5分程度の場所にあります。(つくばエクスプレスと地下鉄の駅とでは、同じ浅草駅でも場所が離れているのでご注意を)

レトロな外観から、古くからあるお店のような印象を受けますが、珈琲天国は2005年、つまり平成に入ってからオープンした喫茶店です。
意外だな……と思うものの、もうすでに令和の時代なので、平成にオープンしたお店も徐々に「レトロ」枠になっていくのでしょう。

筆者は浅草出身なので、このあたりはよくうろついていた場所なのですが、ここ、子どものころはたしかハンバーガー屋だったような気が……。小さかったので若干記憶がおぼろげなんですが、家族でちょくちょく食べに来ていたハンバーガー屋さんがこのあたりにあったんですよね。

調べてみても情報が見つからず、悶々としております。どなたかご存知の方がいましたら、教えてください。(というか今度両親に聞いてみようかな)

癒される雰囲気の店内ではグッズ販売も|浅草「珈琲天国」

珈琲天国の店内は、こぢんまりとしていて落ち着ける雰囲気。席数はおそらく20席弱くらいでしょうか。

この日は閉店間際の時間に伺ったのでほかのお客さんはいませんでしたが、週末には行列ができているのをよく見かけます。週末激混みで平日は人がいない、というのは浅草の飲食店ではよく見られる光景。

近くの演芸ホール「東洋館」に出ている芸人さんが常連らしい……なんて噂を聞いたことがありますが、いるとすればおそらく平日の日中とかだろうな、と思います。

珈琲天国では各種グッズの販売もしています。ずらりと並んだカラフルなコーヒーの缶がかわいい!

気になったのは、右上のタペストリー。

「喫茶界のニルヴァーナ 天国」

……ニルヴァーナってバンドの?
と一瞬思いましたが、さすがにロックバンドの名前をここに書くわけはなく、おそらく仏教用語の「ニルヴァーナ=涅槃(ねはん)」のことでしょう。涅槃は、煩悩から解脱した状態のこと。

珈琲天国は「煩悩から解き放たれて、ただくつろげる時間を過ごせる場所」みたいなイメージなのかな、と。
ではでは、煩悩から解脱するべく、コーヒーでもいただきましょうか。

コーヒーカップの底に「大吉」の文字は…?|浅草「珈琲天国」

小腹が空いていたので、土産物として販売していた「珈琲天国カップ型クッキー」を購入して店内で食べてもいいのか、聞いてみようか……と思って店員さんに声をかけたところ、すでに売り切れてしまったとのこと。

閉店ぎりぎりに入ったこともあり、これから何か作ってもらうのも申し訳ないからコーヒーだけ飲んでサクっと帰ろうか、と思っていたら、カップ型クッキーとセットになっているスプーンの形のクッキーだけ残っていたようで、サービスでつけてくれました……!

ひもじさが顔に出てしまっていたのでしょうか……。嬉しいけど申し訳ない、と恐縮していたら、「味見がわりにどうぞ!」とお店の人が。優しい。

クッキーは、ココアとプレーンの2種類の味がありました。どちらもおいしかった!

レジ前にあった展示用クッキー

「珈琲天国」の看板やグッズに使われているロゴが独特なフォントでかわいい。

ちなみに、飲み干したあとに底に「大吉」と書いてあるカップがあるらしいです。残念ながら、今回飲んだカップには書いてありませんでした……。
「大吉」を見たくて何度も通っているお客さんもいそうですね。こういうちょっとした遊び心があるお店、好きだなぁ。

ホットケーキは「天国」の焼印がかわいい!|浅草「珈琲天国」

別日に訪問した際、ホットケーキを食べました。ホットケーキはじっくりと焼いているそうで、提供まですこし時間がかかります。

天国の焼印がかわいい! SNSや雑誌などで見ていて、ぜひ食べてみたかったんです。

ホットケーキは2枚重なっていますが、小ぶりなのでペロリと食べられます。一食分というよりは、おやつといった感じ。
ホットドッグなどの他のメニューも軽食中心なので、がっつり食事ではなく小腹を満たしたい時に利用するのがおすすめ。

昭和の喫茶店にはよく置いてあったという、星占いの機械。
私はギリ昭和生まれで、小さい頃に親に連れられて何度か喫茶店に行った記憶はうっすらありますが、この機械は見たことがありませんでした。

自分の星座のところに100円を入れてレバーを引くと、占い結果の紙が出てきます。
昭和の喫茶店を知っている人からすると懐かしいものなんでしょうが、知らない私のような人間からすると新鮮な経験でした。

同行者が食べていたチーズホットドッグ

浅草の珈琲天国は、懐かしい雰囲気ただよう、居心地のいい喫茶店でした。
浅草に訪れた際はぜひ!

動画もあります|浅草「珈琲天国」

浅草「珈琲天国」のようすは動画でもご紹介しています。こちらもぜひ。

【店舗情報】アクセス、禁煙/喫煙|浅草「珈琲天国」店舗情報

※浅草の珈琲天国は【(おそらく)全席禁煙】です。「禁煙」「土日のみ禁煙」などグルメサイトにより記載が異なりますが、平日土日含め何度か訪問した感じだと、禁煙のように見受けられました。

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰、明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや取材記事の執筆。