あんぱんの「銀座木村家」。2階のカフェでカツサンドやあんぱんが食べられる!

あんぱんで有名な銀座の老舗ベーカリー「銀座木村屋」。

1階はパンを購入できるベーカリーフロアになっていますが、実はその上の階にカフェやレストランが入っていたのはご存知ですか?

今回は2階喫茶(カフェ)へ訪問。
落ち着いた雰囲気の中で、コーヒーとともにあんぱんや季節限定パフェ、軽食などが食べられます。

あんぱんの「銀座木村屋」の2階カフェ

銀座の老舗ベーカリー「銀座木村屋」……と聞いて「???」と思った方も、「あんぱんの木村家」と言えばピンとくるのではないでしょうか。

銀座木村家は、明治維新後に西洋の食べ物であったパンに日本独自の製法を加え、庶民に広めた存在。以来140年以上に渡り、銀座で伝統の味を守り続けています。

銀座木村屋にあんぱんを買いに行ったことは何度もありますが、上の階にカフェやレストランがあることには、まったく気付いていませんでした。

銀座木村家さんはいつも混雑しているので、サッと入ってあんぱんを買ってサッと帰る……ということが多かったんですよね……。

しかし先日、店頭にカフェ・レストランのメニュー看板が出ていることに気づき、入ってみました。

ちなみに余談ですが、「木村家」「木村屋總本店」は以下の違いがあるよう。お店を示すときには「木村家」(「屋」じゃなくて「家」!)とのことです。

Q.木村屋」と「木村家」の違いを教えてください。

A.現在は、「木村家」は銀座本店(株式会社銀座木村家)、直営店向け製品のブランド名として、「木村屋總本店」はスーパー・コンビニ向け製品のブランド名として使用しております。
創業者が銀座に構えた店の屋号は「木村屋」で、後に「株式会社木村屋總本店」となりました。

参考:https://www.kimuraya-sohonten.co.jp/faq

銀座通りを一望できる店内|銀座木村家(あんぱん)・2階カフェ

銀座木村家の2階カフェは、店内の雰囲気も客層も落ち着いていました。

伺ったのがクリスマスの時期だったので街中には人が多かったものの、銀座の中心地のカフェにしてはそこまで待たなかった気がします。意外と穴場なのかも……?

銀座通り側は一面ガラス張りになっています。ひとりでふらりと入店したご年配の方が、銀座の景色を眺めながらゆったりとコーヒーを飲んでいる姿も見られました。なんだかいいなぁ。

カツサンドを注文。あんぱんとコーヒーのセットもあり|銀座木村家(あんぱん)・2階カフェ

銀座木村家といえばあんぱん! ということで、あんぱんとコーヒーのセットにもかなり惹かれたのですが、あんぱんは1階で買って帰ることにして、カツサンドを食べました。

思ったよりも肉が厚くてボリューミー!
サイズは小さめですが、満足感があります。2階・3階でレストランをやっているだけあって、味も本格的!

パンはトーストされています。個人的な好みですが、カツサンドにはトーストしたパンがいい派(そんな派閥あるのかどーか知りませんが)なので、ここも嬉しいポイントでした。

コーヒーもおいしかったです。季節ごとのパフェメニューも人気のようなので、今度はそちらを食べたい……!
銀座木村家さんであんぱんを買う機会がある時には、ぜひ2階の喫茶も利用してみてくださいね。

【動画】銀座木村家(あんぱん)・2階カフェ

お店については、動画でもご紹介しています。
YouTubeでは他の純喫茶のショート動画も投稿していますので、ご興味ありましたらぜひチャンネル登録していただけると嬉しいです……!

【店舗情報・アクセス】銀座木村家(あんぱん)・2階カフェ

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目5−7

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰、明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや取材記事の執筆。