のれんをくぐると、そこは渋い洋食屋。千駄木の「キッチンマロ」でミックスフライランチ

濃い青色にくっきりとした白で書かれた「マロ」の文字。

店の入口でたなびくのれんに、「中華料理屋? はたまた居酒屋??」と不思議に思いつつショウケースをのぞくと、スパゲティにオムライス、ハンバーグ……中華でも居酒屋でもなく、そこはれっきとした洋食店。

谷根千エリアの散策でおなかをすかせたある日、渋いたたずまいが魅力的な千駄木の洋食店「キッチンマロ」で、ランチをいただいてきました。

のれんがかかる渋い洋食屋|千駄木「キッチンマロ」

「キッチンマロ」の最寄駅は、千駄木駅。
駅から谷中銀座方面に歩いて3分ほどの、よみせ通り沿いにある洋食店です。

いやぁ〜渋い。渋すぎる。と、思わずうなってしまうような雰囲気の外観。立て看板をガムテープで補強してある感じもいい。

のれんの文字は筆でガツっと書いたような雰囲気ですが、ファサードに書かれた「マロ」の文字はちょっとぷくぷくしているというか、ポップでかわいい。

外観を眺めているうちに、お客さんが次々に入っていくので、あわてて入店!

カウンター中心、奥には座敷席も|千駄木「キッチンマロ」

(お昼時だったこともあり、お客さんを外して写すのが難しかったため、店内写真はなし。簡単に説明します)

入口入ってすぐの右手側がカウンター席で、その中で店主が調理をされていました。左手側には、小さめのテーブル席が2〜3つくらい。

奥に進むと、畳の座敷席があります。4人がけの席が2つと、2人がけの席がひとつ。座敷席は、小上がり席……と言うにはかなり高さのある席で、お子さんやスカートを履いている方だと座りにくいかも、と感じました。

座敷席の壁際には、ずらりと漫画が並んでいました。なんの漫画か忘れてしまったけど、昔の少年漫画? だった気がします。

お店の外にあったメニュー

ランチは750円〜。これ、単品ではなくごはんとお味噌汁もついた、セット価格ですよ? なんて良心的なお値段なんでしょう。ちゃんと利益出てるんだろうか、と心配になってしまう。

ミックスフライ定食|千駄木「キッチンマロ」

ナポリタンと迷いましたが、表のメニューを見た時に「ミックスフライいいな」と思ったので、ファーストインプレッションを信じてミックスフライ定食を注文しました。

ごはん、みそしる、ミックスフライ!
んんんんんこれこれ〜〜〜と言いたくなる感じの並びです。店名がついたわりばしの袋もいいな〜。

ちなみにごはんの量は少なめで注文しているので、通常はもっと量は多いです。

ソースをだばっとかけて、いただきます。

フライはメンチ、チキンカツ、しいたけの3種類。メンチを一口食べて米、しいたけをほおばって米、インターバルに味噌汁をすすりチキンカツにキャベツを乗せてかぶりついてまた米! 最高。おいしかったです。

途中、隣の席の方が頼んだナポリタンが運ばれるのを横目で見ていたら、鉄板のお皿に乗せられていました。じゅうじゅうと音を立てるナポリタンに「おぉ〜!」と歓声を上げる隣の席の人たち。鉄板でじゅうじゅういってるのが目の前に来るとテンションあがるよね、わかるわかる……とひっそり心の中で同意しながら、次来たらナポリタンを頼むぞと心に決めたのでした。

【店舗情報・アクセス】千駄木「キッチンマロ」

〒113-0022 東京都文京区千駄木3丁目41−12

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰、明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや取材記事の執筆。