おうちカフェ

“チーズよりチーズらしい”濃厚な味わい。資生堂パーラーのチーズケーキ(冬限定・いちご)【お取り寄せでおうちカフェ】

チーズケーキをはじめ、いろいろなスイーツを販売している資生堂パーラーさん。
今回はおうちカフェにぴったりな、チーズケーキをご紹介します!


「資生堂薬局」内に開設されたソーダファウンテンが、のちの「資生堂パーラー」に

最初に資生堂パーラーさんの歴史を、少しご紹介。

化粧品のイメージが強い資生堂ですが、元は東京銀座で薬局としてスタートしました。そこから、化粧品も扱うようになっていったそうです。

飲食業をスタートしたのは、創業者・福原有信氏がパリ万博のあとにアメリカに立ち寄った際、ドラッグストア内にソーダ水や軽食を出すカウンターが設置されているのを見たのがきっかけだったそう。

福原氏はアメリカから機械一式を取り寄せ、1902(明治35)年に、薬局内にソーダ水やアイスクリームの製造販売を行う「ソーダファウンテン」を開設しました。これが後の、「資生堂パーラー」です。

日本でソーダ水やアイスクリームの販売を行ったのは、資生堂が初めてでした。
またソーダ水にアイスクリームを乗せる「クリームソーダ」を初めて提供したのも、資生堂と言われています。


おうちカフェのおともに!資生堂パーラー・いちごのチーズケーキ

資生堂パーラーでは、レギュラーメニューとしてプレーンなチーズケーキを販売していますが、季節ごとに限定フレーバーのチーズケーキを販売しています。

「春」はさくら、「夏」はレモン、「秋」はマロン。そして、「冬」はいちごです。

先日、銀座本店に伺ったときに、冬限定のいちご味を見つけたので購入しました!

【限定品】冬のチーズケーキ(いちご)3個入 999円(税込)

パッケージはどことなくレトロな雰囲気。華やかな装いの女性やいちごのイラストが素敵ですね。

中身はこちら。ひとつずつ個包装になっていて、個包装のビニールにもいちごのイラストが描かれています。細部までこだわりを感じます。

ケーキ自体は5cmくらいの正方形サイズです。通年で扱っているプレーンなチーズケーキも食べたことがありますが、そちらと比べて少しピンクがかっているように感じます。

(チーズケーキの断面写真を撮るのを忘れてしまったのですが)中にはピンク色のクリームチーズが詰まっています。
チーズはデンマーク産で、いちごのペーストと練乳を加えたものだそう。

一口食べると、いちごの香りをまとった濃厚なチーズの味が、口の中に広がります。かなりしっかりとチーズの味わいが感じられるので、小粒ですがひとつでも満足感がありますね。
オンラインショップの説明文に「チーズよりチーズらしい」と書いてあった意味がわかりました。

鮮やかな赤のパッケージはクリスマスにも合いますし、お正月のおめでたい雰囲気にもぴったり。
賞味期限は常温で約60日と日持ちもするので、手土産にも良さそうです。

いちごは限定品ですが、通常のチーズケーキは通年購入できます。こちらも美味しいので、ぜひ食べてみてください!


【こぼれ話】資生堂パーラーのパッケージに描かれる「モガ(モダンガール)」って?

資生堂パーラーのチーズケーキの中に入っていたリーフレットには、パッケージのコンセプト文が書いてありました。

ホリデーシーズンを迎えた銀座。
きらきらと華やぐ街角で、ドレスアップしたモガ(モダンガール)はわくわくしながら待ち合わせ。
エレガントな文字の上でいちごの美味しいストーリーが広がります。
季節を感じるパッケージと共に冬のチーズケーキをお楽しみください。

「モボ(モダンボーイ)」「モガ(モダンガール)」は、1920年代(大正〜昭和初期)の、西洋文化の影響を受けた若い男女に対する呼び名です。

当時は、第一次世界大戦で日本の国益が大きく増進し、好景気に。輸入品がたくさん入ってきたことで人々の消費意欲も増し、また女性の社会進出も進みました。

そんな流れの中、都会を中心にモダニズム(近代化推進)の感覚をもった青年男女が登場しました。
「モダン」なファッションに身を包み、都会の街を闊歩する彼ら・彼女らは「モボ・モガ」と呼ばれ、脚光を浴びたのです。

Kagayama mogas” by Kagayama Kyoyo . Licensed under Public Domain via Wikimedia Commons.

当時、最先端の街だった銀座にはたくさんのモボ・モガが足を運び、資生堂パーラーにも、モダンなファッションに身を包んだ男女がたくさん訪れたそうです。

ちなみに、当時最先端の若者文化だった「モボ・モガ」ですが、「そんな変な服を着るなんて、ろくなやつじゃない!」という考えの人もいたのだとか。服装によって人格まで否定されるなんて、たまったもんじゃありませんね。

いつの時代も、自分の価値観から外れたものを否定する方は一定数いますが、他人に迷惑をかけない範囲なら好きなようにやったらいいんじゃないかなーと、個人的には思います。


老舗の味をおうちでも「資生堂パーラー」オンラインショップ/店舗情報

資生堂パーラーの各種スイーツは、店舗や通販で購入できます。

以下で、全国のレストラン・ショップの店舗情報が見られます。店舗で購入したい方はこちらをご参照ください。

今度の休日は、老舗のスイーツをおともに、おうちでのんびり過ごすのはいかがですか?
ぜひチェックしてみてくださいね!

※参考ページ
資生堂パーラーの歴史
モボ・モガ|ウィキペディア
冬のチーズケーキ(いちご)商品ページ

ABOUT ME
中村 英里|てくてくレトロ編集長
フリーランスライター。明治〜昭和頃の喫茶店の歴史にまつわるコラムや、純喫茶の取材記事などを執筆。Twitter:@2erire7