あんこ×たっぷりバターの背徳スイーツを堪能。浅草「スケマサコーヒー」のあんバタートースト

浅草のスケマサコーヒーは、デニムの着物を着たにこやかな店員さんが出迎えてくれる、ちいさなカフェ。

花やしきのすぐ近くにあるとはいえ、決して目立つ場所にあるお店ではありませんが、おいしいコーヒーとスイーツが味わえるということで、休日には行列もできる人気店です。

気になりつつも混んでいることが多かったので、テイクアウトでコーヒーを飲んだことしかなかったのですが、先日店内に入れたので、スイーツをいただいてきました!

粋なデニムの着物を着こなす店員さんがお出迎え|浅草「スケマサコーヒー」

スケマサコーヒーは、浅草の花やしきのすぐ近くにあるカフェです。
東武線/地下鉄の浅草駅からは徒歩約10分、つくばエクスプレス浅草駅からは4〜5分程度の場所にあります。

個人旅行客の受け入れを開始したあたりから浅草にも外国人観光客が戻りつつありますが、スケマサコーヒーさんには外国人のお客さんが多かったのが印象的でした。

スケマサコーヒーは、店員さんが皆さんデニムの着物を着ているんですよね。そして足元はスニーカー。店内の雰囲気やメニューは、いわゆる「和カフェ」といった感じではないのですが、あんこを取り入れたメニューも多く見られました。和洋折衷のバランスが絶妙。

店内はかなり狭く、店内席は壁沿いのベンチ席(全部で8席くらい?)のみ。屋外席として、2人がけのテーブル+2人がけのベンチがあります。

席数が少ない上にかなり人気のあるカフェなので、休日は行列ができていることも多いです。大人数での利用や長居には向かないかな、と思います。

カロリー爆弾背徳スイーツ「あんバタートースト」|浅草「スケマサコーヒー」

この日の私のお目当てはあんバタートースト! 夫と2人、カフェラテとあんバタートーストを注文しました。

はい、見た目だけでもう美味しい。あんことバターの組み合わせ、最高すぎるな……。
見るからにカロリー爆弾だけど、その背徳感もより美味しさを増すためのスパイスみたいなもんだよね、と思っている。

あんこはこしあん。トーストの端っこまでしっかりと塗られています。
そしてその上には、削られたふわふわのバターがたっぷり。生クリームも添えられています。これがもう本当に最高においしかった!!!

ちなみにスケマサコーヒーさんの人気メニューはフルーツサンドなんですが、この日はやってませんでした。季節ごとにフルーツの内容が異なる&常にあるわけではなさそうです。

私は元々あんバタートーストを食べるつもりで行ったので問題ありませんでしたが、フルーツサンドお目当ての方はお店のインスタで事前にチェックしてから行ったほうがいいかと思います。

バーガー袋に入れてかぶりつく!「クッキーシュー」|浅草「スケマサコーヒー」

別日に一人で伺ったときに食べたものもご紹介。

こちらはクッキーシューです。生クリーム・カスタード・あんこと生クリーム、の3種類の味があり、生クリームをいただきました。

シューが乗っているお皿の下にある白い紙は、なんとバーガー袋。「この袋にシューを入れてお召し上がりください」と店員さんからの案内がありました。

これ、すごく食べやすかった! かなり画期的じゃない? と思いましたが、私が知らないだけでシュークリームにバーガー袋を使ってるお店って他にもあったりするんでしょうか。

ざくざくなシュー生地の中にたっぷりと詰まっているホイップクリームは、甘さがかなり控えめ。この量で甘さのあるクリームだと後半しんどくなりそうなので、すごくいい塩梅だなと感じました。

ドリンクはテイクアウトもできますので、コーヒー片手に浅草散歩、なんてのもいいかと!
店員さんも気さくな雰囲気で、居心地良く過ごせるおすすめのカフェです。

浅草エリアのカフェなら、かっぱ橋道具街方面にある「オトノヴァ」もおすすめ。築60年の古民家を改装したアンティーク調の店内で、スイーツやお料理をいただけます。

【店舗情報】最寄駅、アクセス、定休日など|浅草「スケマサコーヒー」

最寄駅:東武線/地下鉄の浅草駅から徒歩約10分、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩約4〜5分
住所:東京都台東区浅草2丁目29-2 君塚ビル102
電話:03-5830-7763
営業時間:11:00〜18:00
定休日:火曜日

※住所や営業時間などは以下の公式サイトを参照。
公式サイト: https://sukemasa.tokyo/

浅草出身のレトロ好きライター。Webマガジン「てくてくレトロ」主宰。明治〜昭和の喫茶店にまつわるコラムや、レトロスポット取材記事の執筆をしています。