純喫茶

現存する日本最古の喫茶店「銀座カフェーパウリスタ」で伝統のコーヒーを堪能

「現存する日本最古の喫茶店」と聞いてピンときた人は、きっと純喫茶が好きな人だと思う。
そのお店の名は、銀座カフェーパウリスタ。

日露戦争からの帰還兵の失業問題が深刻化する日本、そして奴隷解放によって農園の働き手を失ったブラジル。双方のニーズが一致し、日本からブラジルへの移民政策が始まったのが、1908年のこと。

その移民政策に携わったのが、1911年に銀座カフェーパウリスタを創業した水野 龍(みずの りょう)氏です。
水野氏は、ブラジル・サンパウロ州政府からの珈琲豆の無償提供を受け、カフェーパウリスタをオープンしました。

日本の喫茶店文化の発展を語る際に、欠かせない存在であるカフェーパウリスタで、伝統の味を堪能してきました。

現存する日本最古の喫茶店。銀座カフェーパウリスタ

わたしちゃん
わたしちゃん
ついに来られたわ……現存する日本最古の喫茶店、カフェーパウリスタ!
みたら氏
みたら氏
喫茶店好きからしたら伝説のお店だからね、僕もいつかは来たいと思っていたんだ。感慨深いなぁ。この間お取り寄せした「森のコーヒー」もおいしかったよね。
【お取り寄せ】銀座・カフェーパウリスタ「森のコーヒー」でおうちカフェを楽しむ休日 銀座「カフェーパウリスタ」お取り寄せ。森のコーヒーと月変わりコーヒーセット 注文から6日で届きまし...
わたしちゃん
わたしちゃん
「パウリスタ」は、たしかポルトガル語だったわよね。えっと、何て意味だったかしら……。
みたら氏
みたら氏
「Paulista=サンパウロっ子」っていう意味らしいよ。星の中に女性が描かれているこのロゴは、サンパウロ州の市章を模しているんだって。
パウリスタを創業した水野さんは、ブラジル移民政策に尽力したことで、サンパウロ州からコーヒー豆を無償提供されたみたい。それがきっかけでパウリスタはオープンしたんだ。
わたしちゃん
わたしちゃん
そういえば、前にみたら氏が貸してくれた本『カフェーパウリスタ物語』にも書いてあったわね。パウリスタの歴史や、パウリスタに通っていた著名人の話なんかも載っていて、面白かった。
みたら氏
みたら氏
さて、話が長くなっちゃったけど、そろそろお店に入ろうか。


銀座カフェーパウリスタ|歴史を感じる店内はくつろげる雰囲気

わたしちゃん
わたしちゃん
わぁ、入り口に珈琲豆が並んでる。お取り寄せした「森のコーヒー」も置いてあるわ。
あ、開業時の広告が飾ってある!
みたら氏
みたら氏
開業時の住所が小さく書いてある。「京橋区南鍋町二ノ一三(2-13)」か。現在の銀座七丁目七番一号のあたりだね。ここから歩いて5分くらいの場所だ。
わたしちゃん
わたしちゃん
へぇ、最初からここにお店があったわけじゃないのね!
みたら氏
みたら氏
なんでも、関東大震災の時にお店が壊れちゃったみたいだよ。そのあとここに再オープンしたんだって。たしか、1970年だったかな?
わたしちゃん
わたしちゃん
キャメル色の革張りのソファーが素敵ね。純喫茶の中には照明を暗めにしているお店も多いけど、パウリスタの店内はわりと明るいから、本を読んだり商談したりするのにも使いやすそう。
壁にかかっているのは絵画……じゃないわね、凹凸があるから。木彫りの壁掛けかしら?
みたら氏
みたら氏
コーヒー農園で働く人を描いた銅版画みたいだよ。これは、古いものなんじゃないかな……。震災で一度お店が変わっているとはいえ、店内のそこかしこに歴史を感じるね。


銀座カフェーパウリスタ|伝統の味・パウリスタオールドを味わう

パウリスタオールド(税込680円)
わたしちゃん
わたしちゃん
コーヒーは「パウリスタオールド」にしたわ。ロゴが入ったカップも素敵ね!
みたら氏
みたら氏
お取り寄せした森のコーヒーは酸味の印象が強かったけど、パウリスタオールドはけっこう苦味が強いね。甘くてこってりしたケーキと合わせたい感じのコーヒーだな。
わたしちゃん
わたしちゃん
パウリスタオールドはたしか、昔からあるメニューよね。時を超えて、パウリスタに訪れたたくさんの著名人と同じコーヒーを飲んでいる……と思うと、なんだか感慨深いわ。
みたら氏
みたら氏
パウリスタは、永井荷風が編集主幹となって創刊された『三田文学』という文芸誌のメンバーの溜まり場になってたんだって。森鴎外、谷崎純一郎、芥川龍之介なんかもパウリスタに来ていたみたいだから、もしかしたら彼らもこのコーヒーを飲んでいたかもしれないね。
わたしちゃん
わたしちゃん
作家さん以外にも、画家や俳優、音楽家の人たちも来ていたみたいよね。
そうそう、ジョン・レノンとオ・ノヨーコもパウリスタに来たことがあるんですって! 前に行った東銀座にある喫茶店「樹の花」にも2人で訪れていたみたいだし、きっと喫茶店が好きなんでしょうね。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコが訪れた東銀座の喫茶店「樹の花」ザ・ビートルズの『青盤』『赤盤』をご存知だろうか。 1973年にアナログ盤で発売し、1993年にCD版で発売された、ザ・ビートルズ...


銀座カフェーパウリスタ|歴史ある喫茶店に思いを馳せる

わたしちゃん
わたしちゃん
パウリスタを創業した水野氏は、サンパウロ州政府からの珈琲豆の無償提供を受けたのがきっかけで、カフェーパウリスタをオープンしたのよね。
みたら氏
みたら氏
そうだね。従来は限られた特権階級の人たちだけが嗜んでいたコーヒーを、一般市民も手が届くくらいの金額で出した最初のお店が、パウリスタなんだ。
日本の喫茶店文化はそこから始まったと言っても過言ではないから、その点で言えばパウリスタの功績は大きい、と言えるんじゃないかな。
わたしちゃん
わたしちゃん
おさんぽの途中で休憩したい時、仕事で疲れてちょっと息抜きしたい時……思い返せば、「喫茶店があってよかった」って思ったことは、たくさんあるわ。
勝手な望みだけど、パウリスタをはじめ、歴史ある素敵な喫茶店には、ずっと残っていてほしいわね。
みたら氏
みたら氏
そうだね。最近だとお店に足を運ぶのが難しい状況もあるけど、なるべくお店に行ったり通販でコーヒー豆を購入したりして、好きなお店を応援したいものだね。


銀座「カフェーパウリスタ」店舗情報

みたら氏
みたら氏
【みたら氏のひとことめも】こちらは全席禁煙です。

※本記事の内容は、2020年10月来店時の情報を元にしています。

※参考
『日本で最初の喫茶店「ブラジル移民の父」がはじめた―カフエーパウリスタ物語』
銀座カフェーパウリスタの歴史
Wikipedia|カフェーパウリスタ

ABOUT ME
わたしちゃん
わたしちゃん
下町やレトロなものが大好きで、さんぽ友達のみたら氏(猫)と一緒に日々おさんぽをしている。「わたしちゃん」は本名ではなく、みたら氏がつけたあだ名。自分のことを「わたし」と言うのを聞いて、名前だと勘違いしたそう。本名を教えたものの、いまだに「わたしちゃん」と呼ばれている。